2006.04.06

ゴールを忘れた竜戦士 泥沼4連敗 東京V

ラモス監督率いる東京ヴェルディが初めて笠松に登場

まさか、日本のサッカーの歴史を作ってきた名門と戦う事になるとは・・・

それも雨の中の平日ナイター

観客は1600人とは!

すごく寂しい。このままでは、ほんとやばくなってきましたよ。

今節はまた真行寺、高橋をスタメンに戻し、FWに秦を抜擢

権東の代わりに小椋をいれ、倉本が右SBに・・・

ここ2試合、神戸との大敗により、守備重視の戦術を取ってきた前田監督も、点を取らないとヤバイと思ったのだろうか?

このスタメンでの試合内容は悪くなかった

東京Vに対して、最初の数十分以外は、水戸のペースで進んでいったと言ってもよいだろう。

でも、後半終了間際に、東京Vの平本に綺麗なロングシュートを決められ負けてしまった。

しかし、パスミス、クロスの制度の悪さ、苦し紛れのいい加減なシュート、判断力の遅さと攻撃に関しては、プロと言えるのか?

と疑問が残るようなプレーの連続だった

特に、大和田のパス成功率、フィード成功率はすごく悪いだろう

真行寺も、一番重要なアシストになるようなパスをことごとくミス

FK以外彼の持ち味を出せずに終る

逆に高橋は、強引な突破で良いプレーを見せるが、彼も最後のプレーに課題を残した。

しかし、点が取れない・・・

アンデルソン1人にボールを預けて打開してもらおうと思うようだが、無理がありすぎる

彼は上手いが、1人で仕事をするタイプではなく、周りの選手を利用して攻撃を組み立てていくタイプの選手なのである。

他の選手が、アンデルソンを利用してゴールを決めるのが一番、彼を生かすのだと思った

そこで、今まで岡本に期待していたが、結局良いパフォーマンスを見せる事はせずに、スタメンから消えていった

代わって入った、秦は上手いので抜け出したり、キープしたり特長を生かしたプレーをしてくれる

でも、彼にゴールを決めろと言うのは酷な話である

FWと言うのは特殊なポジションで、シュートを決める、ゴールの枠に入れるのには持って生まれた才能、バリエーションをどれだけ持ってるかで決まる。

練習してできるものではなく、子供の頃からの遊び心で身に付いていくのではないだろうか?

と最近思うようになった

ロナウジーニョの子供の頃のプレーがCMで最近流れてるが、どうやら彼は子供の頃から、いろいろな技を持っていたようだ

さて、これで4連敗

次は前田監督の進退問題にも影響するだろう

新入団の若い選手が多いだけに、勝利の大切さ、プロと言うのはどういうものか・・・

一つ一つのプレーの大切さをアマチュア気分でいる選手が多い

選手に舐められていてはダメだ。

次はいよいよ正念場。

| | コメント (46) | トラックバック (0)

«3連敗 横浜FC戦